山田桐箪笥製作所 本文へジャンプ
プロフィール

桐箪笥伝統工芸士 山田 章
出身     埼玉県春日部市
生年月日  昭和12年5月28日 春日部市小渕にお
        いて父敬治の長男として生まれる
昭和27年  15歳の時、父親の六代目山田敬治氏
        に師事して、修行の道に入る
昭和31年  20歳の時、東京の名人と言われた川崎
        正夫氏の内弟子として一年間修行
昭和53年  春日部桐箪笥工業協同組合副理事長
        (〜平成17年6月30日)
昭和55年  春日部桐箪笥伝統工芸士(総合部門)
        認定
        伝統的手工芸品コンクール(県主催)で
        伝統的工芸品産業振興協会長賞を受賞
昭和59年  東京通商産業局長より、産地功労者と
        して表彰される
平成  5年  埼玉県伝統工芸士モデル工場指定
平成 9年  春日部市特産品協議会 会長
        (〜平成11年6月1日)
        春日部市物産展示場運営協議会会長
        (〜平成11年6月1日)
平成17年  春日部桐たんす組合会長
        (〜平成20年)
平成18年  瑞宝単光章受賞
平成22年  春日部桐箪笥技術後継者育成講座の
        技術顧問として後継者育成に従事して
        いる



山田桐箪笥製作所
  <私の座右の銘>
      「根性」
手仕事は、好きだということが前提だが、それだけではよい作品はできない。
最後は「根性」がすわってないと、ものにはならない

                                       イメージ
第24回伝統的工芸品月間図画・作文コンクールにて孫の結佳が描いた
「おじいちゃんはたんす屋さん」(日本放送協会会長賞) 2008年